授乳や抱っこ、子育てでの肩こりが取れず悩んでいます。

授乳肩こり

私は普段から慢性的な肩の痛みに悩んでいます。その肩こりの症状に初めて気付いたのは、まだ20代の頃でした。

システムエンジニアとして働いていたのでパソコンと向かい合うことが多かったので、その頃の肩こりは仕事が原因であったのではと思います。そして30代、40代になり、出産し子育てに追われることに。

パソコンと向き合う時間も減ったのですが、とにかく私の子供達は夜の寝つきが悪く、夜中何度も寝たまま授乳したり、添い寝したまま寝たりと、就寝中にリラックスして休めることがほとんどありませんでした。さらに移動中は抱っこをせがまれることがとても多くて。

こうしたことが原因であったのか、20代の頃から続いていた肩こりの症状が子供が生まれてからさらに悪化しました。普段から慢性的に肩に痛みはあるのですが、特にひどい時は腕が上がらなくなります。

何とかあげることができても本当に痛く、動くたびに痛みが増すので、日常生活でも本当にストレスを感じるようになりました。

また、あまりに肩こりの症状が酷い時はそれがそれが原因で頭痛がしたり、吐き気を起こす時も。。。とはいっても現在も子育て真っ最中なので、日により症状が軽くなることはあっても、慢性的に肩こりという症状に苦しめられています。

まだ座り仕事に原因があった頃は肩こりの症状があっても、市販の湿布薬を使用することくらいしかできませんでした。当時は市販の湿布薬でも一時的に症状が軽くなっていました。

しかし子育てをするようになり、さらに肩こりが酷くなってからも日々の忙しさから痛みの症状を放置状態でしたが、吐き気や頭痛がするようになり日常生活に支障が出るようになってから、「さすがにこのままではいけないは」と思い、整形外科へ通院し始めました。

整形外科では同じように湿布薬を処方されましたが、先生からはしばらく毎日の通院を勧められました。けれども小さい子供ががいるとどうしても毎日通院することは難しいので、先生に自宅でできるストレッチ方法を教えていただき、しばらく実践することに。

整形外科の先生からは「肩こりの原因である子供が大きくなれば症状も自然に良くなる」と聞き、ストレッチをしばらく試しました。が、1日2回と言われたのに、どうしても忘れることがあり、その頻度が多くなり結局続けられなくなってしまい。結局効果があったのかどうかわからず、整形外科通いもやめてしまったのです。

自己流でも色々な肩こり解消方法を試してみました。首の下に筒のようなものを置き、その上で首を左右に振ってゴリゴリしたり、首の周りを温かいタオルであたためたり。けれどもこうした自己流のものは余計に肩が痛くなったり、さらには吐き気までしてきたりと、自分に合った解消法がなかなか見つからなかったです。

肩こり解消の為に色々試してはみたのですが、一時的に症状が軽くなることはあっても、劇的に肩こりが良くなることはありませんでした。

けれどもやはり自分自身で一番思うのが、寝る時の体勢ってとても重要であると感じています。肩の痛みは常にありますが、夜しっかりと眠れている時や、体を休めることができた時、翌日の肩の調子がとても良いように感じます。

逆に同じ体勢でずっと眠っていたり、体が十分に休めていない時は起きた直後に肩に不調を感じますし、それを一日中引きずってしまいます。

これを解決する為に、敷布団やマットレスを自分に合うものにしてみるというのが良いかもと感じました。今、私は敷布団を使っていますが少し硬く、夜中もほとんど寝返りをうってない、うててなさそうな感じがします。

逆に私の実家ではすごくふかふかの布団なのですが、この布団を使うとさらに症状が悪化します。肩だけでなく、腰も痛くなります。こうしたことから、本当に“自分に合った寝具選び”ってとても大切だと思うんです。

自分に合ったものを使えば快適な睡眠を確保でき、体も十分にリラックスできて、肩こりの悩みも軽減されるのではないでしょうか。眠るということがもたらす効果はとても大きいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です