ストレートネックが原因による腰痛と背中の痛みの症状

ストレートネック原因

私は元々、肩こりがとてもひどかったです。これは胸の大きさからきていると思います。母も胸が大きいことで肩がこりやすく、そしてそれに関連してか偏頭痛も持っています。もちろん私も、そのまま遺伝してしまいました。

まだ若くお金もないのでいい補正下着は買えません。なので安い下着を使っていると、合っていないのか肩こりの症状がひどくなります。冬場はコートを着るのもしんどいですし、肩の痛みで、イライラしてくるのです。自分では揉みほぐせませんし、本当に悩みの種です。肩甲骨の周りを動かすと、ゴリゴリッとすごい音がします。

そして背中と腰の痛みは、仕事が原因です。私は保育の仕事をしています。毎日屈んだり、立ったり、そして子どもを抱っこしたり…

そんな日々を続けていたら、あっという間に腰痛持ちに。職場の人たちも、腰痛でコルセットを着用している人が結構多いです。

私は働き始めて最初の頃、背中の右側(肩甲骨のあたり)が痛くなる症状が出ました。鈍痛というより、ピリピリとした痛みです。息を吸うとそこが痛み耐えられなかったので、結局受診することに。

そしてそのあと、腰に症状が出たのです。腰も右側が痛くなりました。普段はそこまで酷いわけではないですが、疲れが溜まってくると、もう痛くて歩けないほどです。右側だけ症状が出るので、骨盤が歪んでいることも関係があるのだと思います。

ストレートネックが原因で腰痛や背中の痛みを引き起こす事も

背中や腰の痛みに関しては、整形外科を受診しました。受診結果によると、背中の症状はやはり神経痛で、首からきている痛みだと聞かされました。どうやら「ストレートネック」というのが原因みたいでした。

というわけで首の牽引をしてもらうために、何度か通院することになりました。牽引は正直言って、周りから見たらかなり面白い光景だと思います。自分もやってると思うと恥ずかしいですが、首を引っ張られるととても気持ちよく、そして本当に首が伸びたような感覚になるのでてそした。痛みの箇所に湿布も貼り、少しすると症状もなくなりました。

腰痛の原因としては、ストレートネックに加え、「反り腰」と身体(筋肉)の緊張が原因とのことでした。首と背骨が上手く機能しておらず、腰にとても負担がかかっているとのことでした。

その整形外科はリハビリもやっているところだったので、医師の勧めでリハビリの方にも伺うことに。そこでは体の歪みを直すストレッチの方法を教えてもらいました。何回か通院してほしいと言われましたが、とにかく時間がかかるので何度も行けないままでした。

仕事の前にリハビリで教えてもらったストレッチだけでなく、柔軟体操も行うのを続けました。柔軟体操で少し腰の痛みが軽減しましたが、やはり疲れてくると歩けなくなるほどになってしまいます。

日常生活にはあまり支障はありませんが、やはり仕事にとても影響が出てきます。なので肩、背中、腰の痛みが出た際には、まずは整体や整骨院に行ってマッサージや施術をしてもらうようにしています。痛みが取れるのは一瞬だけですが、やはりとても気持ちいいですよね。

お金ができたら、アロマボディオイルでマッサージしてもらったり、針灸なんかもやってもらいたいと考えています。あまりにも痛ければ、整形外科に受診します。最近ロキソニンの湿布が出て、それがとても効きます。おすすめです。あとは帰ってから、湯船にゆっくり浸かることも良いと思います。

また肩、背中、腰の痛みは女性は特に筋力不足で悩まされることが多いと聞きました。私ももちろんその1人です。運動が苦手でなかなか長続きしませんが、今回ばかりは肩こりや腰痛のために簡単な筋トレをすることにしました。

中腰のスクワットと、肩甲骨を動かす腕と肩周りの筋トレ、そして壁を使っての腕立て伏せです。あくまで「簡単に」が大切です。そうでないと続かないからです。回数等も決めず、ゆるく続けていました。

最近は効果も出てきたのか、少し肩こりが軽減してきました。筋トレに加え、柔軟やストレッチも続けるようにしています。

マットレスや敷布団には特にこだわっていませんが、整形外科の先生いわくこのあたりの睡眠環境も見直すことが腰痛などの症状軽減につながるのだと言います。もう少しお金が溜まったら、それも見直してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です