起き上がれない…腰の痛みを高反発マットレスで予防

腰痛高反発マットレス

常にというわけではないのですが、頻繁に腰痛の症状が出ます。特に朝起きた時に鋭い痛みを感じることが多いです。重い物を持ち上げたとか、何かはっきりとした原因があるわけではなく、いつもいきなりです。

今まで2度、かなりひどい腰痛の症状が現れた時があり、目が覚めたら起き上がれないどころか、全く動けませんでした。腰に力が入らず、少しでも動こうとすると背中に激痛が走ってうめいてしまう感じです。仰向けになった状態で大きな声を出そうとすると、おなかに力を入れなければならないので、やはり腰に強い痛みを感じるので、同居人に助けを求めることもできませんでした。

低いベッドに寝ていたので、そっと少しずつ身体をずらして足を床に下ろし、時間をかけてなんとかリビングまで移動しました。しばらく休み、少しずつ腰を回したりしながらリハビリのようなことをしているうちに症状がおさまってきて、動けるようにはなりました。ただその後1週間くらいは鈍い痛みが残り、激しい動きはできませんでした。

前日まで特に腰に問題はありませんでしたし、あまりに突然のことだったので驚きました。初めは腰が原因だということすらわからなかったので、全く動けない状態はとても怖かったです。

父親も腰痛持ちで、よく腰を痛めて母に湿布を貼ってもらっていました。しかし突然起き上がれないほど痛めるというようなことはなく、雪かきをしていてとか、重い荷物を持ち上げたとか、その都度きっかけとなる原因があったようです。腰の痛め方や症状の出方に違いはありますが、腰が弱いのは遺伝もあるかもしれません。

高反発マットレスで日頃から腰痛予防

私の腰痛の原因はわかりませんが、おそらくデスクワークで同じ姿勢を続けているからだと思います。ほぼ一日中パソコンに向かって作業するので、勤務時間中に動くのはお昼休憩の時のほか、お手洗いに立つくらいです。なるべくちょこちょこ休憩を取るようにして、伸びをしたり身体をひねったりはしていますが、腰には負担がかかっていると思います。

動けなくなったのは2度だけですが、普段から、なんとなく腰が重いということはよくあります。身体を前後に曲げるストレッチなどしてみると、だいぶ凝り固まっているのがわかります。

また、寝起きに痛くなることに関しては、寝違えのようなものが原因なのかもしれません。特に寝相が悪いと言われたことはないし、起きた時もきちんと布団に入っているのですが、時々首も寝違えて痛めることがあります。頻度としては首のほうが高く、症状は似ています。筋が痛くて片側に全く振り向けない状態になっています。

まず普通に会社にいるだけだと完全に運動不足なので、なるべく身体を動かすよう心がけています。

一時期、ホットヨガスタジオで週2~3回、1時間のレッスンを受けていたことがあり、その頃は身体の調子が良かったです。そのおかげかはわかりませんが、腰を痛めることもありませんでした。初心者向けで簡単なストレッチだけのレッスンでしたが、身体をほぐすことで負担が軽減されていたのかもしれません。

また、定期的にランニングをしています。初めは夜に大通り沿いを走っていたのですが、最近はジムのランニングマシンを利用しています。仕事の後に汗をたっぷりかくと、リフレッシュできて心身ともに回復する気がします。身体を動かした日は寝つきがいいので、もしかしたら寝相にも関係しているかもしれません。

過去2度のひどい腰痛症状が出た時は、それぞれフローリングに薄い敷布団と、IKEAのワイヤーベッドに薄いマットレスで寝ている時期でした。なので、引っ越して部屋が広くなったのを機に、セミダブルベッドとモットんの高反発マットレスを買いました。高反発マットレスは軋みが少なく程よい弾力でとても寝やすいです。

今も引き続きモットンの高反発マットレスを利用しているのですが、起き上がれないような腰の痛みを感じる事もなくなり、就寝時のケアがある意味効果的な腰痛予防になっているんだと思います。

男女とも腰はとても重要な部位ですし、特に女性は出産のことなど考えると絶対に大切にしなければならないところです。運動不足と睡眠環境の改善で、だいぶ予防できると思いますので、ぜひ工夫をしてみてください。

【モットン】公式サイトはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です