敷布団とマットレスは枕とのバランスが大切

敷布団マットレス

理想的な睡眠姿勢としてよく言われるのは、普段まっすぐに立っている姿勢でそのまま横になった状態です。

ですから、枕だけを良いものを購入して高さを合わせたりしてもダメで、必ず「枕」「敷布団またはマットレス」のセットで睡眠環境を考える事が必要です。

敷布団やマットレスが硬すぎてお尻や腰に圧力がかかり過ぎ、体と敷布団の間に隙間ができて、極端に言うと腰を反らせて寝る事になるのですが、この状態では当然腰に負担がかかり、血流も滞って痛みが生じます。逆に敷布団が柔らかすぎて腰の部分がグッと沈み込んでしまっては、睡眠姿勢に無理が生じてしまうのです。

立った状態の、理想的で体に負荷のかからない姿勢をキープできる事、そして横になった時に体にかかる圧力を一か所ではなく全身に分散させてくれる、体圧分散性に優れている事、この2点が敷布団やマットレスを選ぶ際のポイントになります。

立っている時は当然私達の体重は全て足にかかってきますが、寝ている時は腰、肩、足、頭に分散されるのですが、枕が合っていない事によって頸部に負担がかかる事になり、これが原因で様々な体の不調を引き起こすことになってしまうのです。

また、敷布団やマットレスが合っていないと高確率で腰痛が生じます。腰痛になるのには、姿勢の悪さ、運動不足、筋力不足、加齢、ストレスなど様々な要因も考えられるのですが、それに加えて寝具が合っていない事によってさらに腰痛に拍車をかけることになるのです。

枕の高さも、敷布団やマットレスの硬さと影響してきます。仮に同じ高さの枕でも、敷布団やマットレスが硬い場合は体が寝具に沈み込まないのでそれほど枕は高く感じないでしょうし、逆に敷布団やマットレスが柔らかいと、体の方は沈み込んでしまうので枕が高く感じるのです。

おすすめのマットレスや枕に関しては下記ページからご確認ください。

高反発マットレスをおすすめする3つの理由>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です